センター紹介

NCU

脳卒中は死亡原因の第4位、要介護原因疾患の第1位であり、高齢化社会において脳卒中の撲滅は吃緊の課題となっています。主な脳卒中には、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血があります。これらの脳卒中に対する急性期診療は近年飛躍的な進歩を遂げています。脳梗塞は脳血管の閉塞による虚血が原因であり、発症からできる限り早期の搬送、治療開始がもっとも重要です。

当院では救急搬送の一報とともにコードストロークを発動し、ER医師、脳卒中医をはじめ各部門のスタッフが搬送待機し、来院後ただちに診療を開始し、t-PA静脈内投与療法、カテーテルを用いた再開通療法による閉塞血管の再開通を図ります。脳出血はその多くを低侵襲治療である神経内視鏡手術で対応しています。クモ膜下出血の原因の多くは破裂脳動脈瘤です。まず再破裂予防の外科治療が重要であり、病態に応じて、開頭ネッククリッピング術あるいは脳血管内手術を行います。当院ではこれらの高度な脳卒中急性期治療を24時間、365日体制で提供しています。また、NCU = Neurointensive Care Unitの機能として、脳腫瘍、頭部外傷、てんかん重積症、急性水頭症などの急性期治療も担っています。

CCU

私たちは名古屋周辺の中核病院とともにCCUネットワークを構築し、救急隊員に急性冠症候群トリアージ法や搬送中の管理法を教育することにより、患者搬送先の選定からCCU収容までの時間短縮に務める努力もしております。今後は、地域救急医療システムの連携強化、患者家族・医療従事者への教育活動の推進などを手がけ、地域医療に貢献したいと思っております。今後ともご指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

救命ICU

高齢化の時代を迎え、増える救急車の出動件数のうち1/3は意識障害の患者が占め、その内、脳疾患は1割程度を占めます。救命救急には救急科のみならず脳神経救急、脳神経外科医のかなりのバックアップが重要な時を迎えました。脳卒中の死亡数もかなりの勢いで増え、医師のみならず救急隊、看護師、コメディカルが総力を挙げて時間と戦いながら対処せねばならない状況であります。救急関連の教育、集中治療の習得も重要な案件になっております。

GICU

藤田医科大学病院では従来、急性冠症候群(CCU)、脳卒中(NCU)、急性重症疾患(GICU)、熱傷病床を擁し、それに1,500の巨大バックアップ病床により救急医療を行ってきていますが、さらにER診療担当講座、地域救急医療講座が開設され、まさに救急医療の総合化が図られる事となり、臨床医、救急専門医の育成にも最適の環境が整えられます。

ER

全ての救急患者さんの最初の診察を担当します。
研修医/指導医がチーム医療を行い、疾患の重症度、緊急治療の必要性を検討します。緊急治療が必要な場合は、迅速に専門医に連絡をとり、専門医による診察を要請します。平成21年度は救急車を年間5,600台、救急車以外で来院される救急患者さんを年間23,000人受け入れました。スタッフ全員で優しい医療を心がけています。

災害外傷センター

多発外傷・広範囲熱傷といった重症外傷を治療するための専門の病棟となります。複数の診療科領域にわたる患者様の治療を、最新機器を用いて治療を施します。

看護部

NCU

当院救命救急センターのNCU病棟はクモ膜下出血や脳出血、急性期脳梗塞などの脳血管疾患や頭部外傷などの急性期の患者さんが入院される病棟です。

いつもと同じように「行ってきます。」と元気に手を振って出かけたご家族が、突然の事故や意識障害などで救急搬送されて緊急手術が必要になったり、意識障害や麻痺などの後遺症を伴ってしまう場合も少なくありません。そのため、手術前後の管理や後遺症に対する援助はもちろん、時には生死をさまよう様な状態の患者さんやご家族への援助が必要になる場所でもあります。

また臓器移植にも携わっており、患者さんやご家族の意思により臓器提供を望まれる場合には、貴重な命と命のリレーのお手伝いをさせていただく事もあります。高度先進医療を行う病院として移植医療は責務であると考えています。私たちNCU病棟のスタッフは、大切な命を救い、命をつなぐために、医師や看護師だけではなく他職種と協力をしあい、笑顔で患者さんやご家族と関わることを大切に思い、日々援助を行っています。

CCU

当院CCUは心筋梗塞や心不全をはじめとした、心疾患の急性期の患者さんが入院される病棟です。心疾患は日本の死因の第2位という怖い病気です。

患者さんは主に救急車で搬送され、緊急検査や心臓カテーテルなどの治療や処置が行われます。患者さんやご家族にとっては全てが突然の事であり、不安は非常に大きいものです。私たち看護師は、自分たちの家族だったらどう思うだろうか、と常に考えながら患者さんやご家族に接する様心がけています。

先日、突然心筋梗塞を発症された患者さんが入院してこられました。足の付け根から大動脈内バルーン・パンピングやペース・メーカーといった機械を挿入し、治療されていました。病歴もなく、初めての入院という事もあり、入院時は緊張され表情もかたく、安静による苦痛や不安を訴えられていました。患者さんからお話を聞くことで、できる限り不安の軽減が図れるよう援助を行いました。2週間ほどの治療の後、患者さんは病状が安定し、「ありがとう」と言い、笑顔で一般病棟へ移って行かれました。

急性期の病棟のため、患者さんとの関わりは短期間のことが多いですが、そういった患者さんの言葉や笑顔に励まされ、短い間にも、それぞれの患者さんに合わせた看護ができるよう努めています。

GICU

GICU病棟は、救命救急センターの役割とER対応、ERからの受け入れ病棟になっています。主に心肺蘇生後脳症、重度多発外傷、急性薬物中毒、重度熱傷等の急性期および手術前後を対象とした全身管理を必要とされる患者さんが対象となっています。看護は、急激に生命的危機状態に陥った患者さんの全身管理やフィジカルアセスメントを用いた高度なアセスメントスキルを実践しています。また、患者さんと共に危機状態にある家族への支援も積極的に行い、他職種との調整や連携を図っています。
またERでは、24時間体制で1次から3次救急患者さんの受け入れを行っており、断らない救急医療を目指し、日々努力しております。初療看護や災害看護および院内コードブルー対応を行っています。

臨床検査部【救命救急センター検査室】

救命救急センター検査室の取り組み

救命救急センター検査室は、昭和54年(1979年)の救命救急センター開設と同時に設立されました。現在はA棟4階に救命救急センターが位置し、同フロアの中央に検査室が配置されています。

救命救急センターでの超音波検査

救命救急センター検査室は、12名の臨床検査技師で構成されており、医療チームの一員としてセンター内の入院患者さんの採血、生理検査(心電図検査、脳波検査、超音波検査)をメインに行っています。センター内だけの検査を専門に行うため、迅速かつ正確な検査はもちろん、チーム医療の一員として医師を始め多職種とデイスカッションを行い検査を行っています。時としてERの現場に出向き、来院直後から入院に至るまでの検査を担っております。

主な業務は、①静脈からの血液採血、②血液ガス測定などの緊急項目の血液検査、③心電図検査、脳波検査、超音波検査などの生理学的検査、④心臓カテーテル検査および治療時の術中モニタリング、⑤動脈採血や心肺蘇生の介助、などがあり、他職種と連携しながらより安全で質の高い医療の提供に努めております。
臨床検査のプロフェッショナルとしての自覚と責任を持ち、今後も患者さんから信頼され、治療のお役に立てるよう尽力していきたいと考えております。

  • 脳波検査

  • 心電図検査/心臓リハビリ

  • 血液ガス分析

救急事務

私たち救命救急センター管理課での業務をご紹介します。当院救命救急センターは、独立採算を行っているため、業務内容は医療収入総括表作成・会計伝票作成・業務統計・機器備品購入・退院会計、そして予算・決算に至るまでほとんどすべての事務的業務を5人で行っております。また、担当医師への救命救急入院料算定可否の確認、入院患者様への健康保険・労災保険等についての説明など、業務内容は多岐に渡ります。

平成22年度よりER部門を加えた救命救急センターの発足により、病棟・ER・そして事務員の密な連携が今後必要不可欠になってきますので、当院救命救急センターが円滑に安全な医療を提供できるよう、さらに事務員一同日々精進していきたいと思っております。