肝胆膵内科

患者さんに満足していただける医療を提供します。

肝胆膵内科は文字通り、肝臓、胆道(胆のうや胆管)、膵臓の病気を診断治療する内科です。
肝臓の病気としては急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝癌、脂肪肝、アルコール性肝障害などがあります。
胆道の病気には、胆石、胆のう炎、胆管炎、胆管癌、胆のう癌などがあります。
膵臓の病気には、急性膵炎、慢性膵炎、膵癌などがあります。
肝胆膵内科では、これらの病気、すべてについて専門の医師がおり、適切な診断治療を行っております。

スタッフ紹介

教授
  • 吉岡 健太郎
准教授
  • 橋本 千樹
  • 川部 直人
助教
  • 中野 卓二
  • 中岡 和徳
  • 大城 昌史
  • 髙村 知希
  • 倉下 貴光
  • 宮地 小百合
助手
  • 小山 恵司
  • 三井 有紗

教授紹介

  • 患者さんが納得できる適切な医療を提供します

    吉岡 健太郎

    教授

    Kentaro Yoshioka

    吉岡 健太郎

    専門・実績

    日本肝臓学会監事、日本消化器病学会執行評議員、米国肝臓病学会会員
    C型肝炎、B型肝炎、脂肪肝、肝癌などの治療について熟知精通しておりますので、安心して受診してください。患者さん、それぞれのご事情、ご希望に沿って最も良い治療法をお勧めします。ぜひご希望をお話ください。
    肝臓の硬さ(肝硬度)を外来で簡単に測定できる装置を使って診察をしています。肝臓の硬さは肝臓の線維化の程度と比例しているので、肝炎の進展度を外来で簡単に検査することができます。またインターフェロン治療や抗ウイルス療法で肝臓の線維化が改善してきているかどうかを知ることができます。
    C型肝炎の治療は、これまではインターフェロンが中心でしたが、インターフェロンを使わない治療法(インターフェロンフリー治療)に代わってきています。治療効果も向上し、90%以上の人でウイルスを排除できるようになりました。インターフェロンフリー治療は副作用が少ないので、高齢者でも肝硬変の人でも受けることができます。なるべく多くの患者様が、治療法の進歩の恩恵を受けることができるように、努力しています。
    当院は平成22年4月、愛知県の肝疾患診療連携拠点病院に指定され、肝疾患相談室が設置されました。肝疾患についてお困りの方は是非ご利用いただければ幸いです。肝臓病教室を3ヶ月に1回開催しています。

    アピールポイント

    1.C型肝炎に対する新しい抗ウイルス療法(インターフェロンフリー治療)を導入し、実績を上げています。

    2.B型慢性肝炎に対する核酸アナログ治療(ラミブジン・アデホビル・エンテカビル・テノフォビル)を多く導入し、また症例に応じてインターフェロン治療を選択するなど専門的な治療を行っています。

    3.肝癌におけるラジオ波焼灼療法(RFA)、経カテーテル的肝動脈塞栓術(TACE)を積極的に行い、抗癌剤治療を含めた集学的治療を推進しています。

    4.肝腫瘍に対する造影超音波診断は全国的にも多数の症例数を誇り、RFA治療にも活用して実績を上げています。

    5.肝線維化の非侵襲的診断法として肝硬度測定を多数行い、治療方針決定や治療効果の評価に役立てるとともに、その研究成果を国内外の学会や論文に発表し、高い評価を得ています。

    6.肝胆膵疾患の診断では超音波診断が重要ですが、当院の超音波センターではカラードプラ・造影エコー対応の最新の超音波装置を4台設置し、通常のエコー検査に加えドプラー検査や造影エコー検査を毎日行っています。

    7.胆膵疾患では、超音波内視鏡(EUS)検査や超音波内視鏡下針生検を行い、質の高い診断をしています。

    8.治療面では内視鏡乳頭切開術(EST)、バルーン拡張下結石除去術(EPBD)、閉塞性黄疸に対するドレナージ術(ENBD、PTCD)及びメタリックステント留置などを積極的に行っています。

    9.胆膵の悪性腫瘍に関しては、外科、放射線科と連携し、手術や化学療法、放射線療法を含めた集学的な治療を推進しています。

主な検査・治療件数(2016年)

ラジオ波焼灼療法(RFA) 18件
経カテーテル的肝動脈化学塞栓術(TACE) 50件
肝生検 33件
C型慢性肝炎に対するインターフェロンフリー治療(ダクラタスビル・アスナプレビル、ソフォスブビル・リバビリン、ソフォスブビル・レジパスビル、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル、エルバスビル・グラゾプレビル) 185件
内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP) 430件
造影のみ 73件
治療
 内視鏡的胆道結石除去術
156件
 内視鏡的胆道ドレナージ(EBD) 183件
 その他の処置 8件
経皮経肝胆道ドレナージ(PTBD) 20件
経皮経肝胆嚢ドレナージ(PTGBD) 41件
胆道メタリックステント留置(EMS) 44件
十二指腸メタリックステント留置 15件
超音波内視鏡検査(EUS) 213件
超音波内視鏡下穿刺吸生検(EUS-FNA) 64件
超音波内視鏡下瘻孔形成術 2件
ダブルバルーレ内視鏡ERCP 23件
造影超音波 837件
肝硬度検査 2,111件
超音波検査 12,366件

本科で診療実績のある主な疾患例

脂肪肝、非アルコール性脂肪肝炎、薬物性肝障害、アルコール性肝障害、急性肝炎・慢性肝炎(B型肝炎、C型肝炎)、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎、肝膿瘍、肝硬変、肝癌、急性膵炎・慢性膵炎、膵癌、自己免疫性膵炎、膵嚢胞、胆石、胆嚢ポリープ、胆嚢炎・胆管炎、胆嚢癌、胆管癌