産科・婦人科

基本方針
  • 患者さんの気持ちに寄り添い、疾患や治療の情報提供を丁寧に行います。
  • 臨床試験などの医学的エビデンスに基づいた先進的な医療を提供します。
  • 医師、看護師、助産師や薬剤師でチーム診療を行い、切れ目のない医療を提供します。

産婦人科では、妊娠・分娩の管理、婦人科腫瘍、不妊治療、更年期障害を含む女性医療など、多岐に渡る領域について各領域の専門医を中心として診療を行っています。
 
妊娠・分娩を取り扱う周産期領域では、医師と助産師による妊婦健診を行っており、妊婦さんに寄り添った外来管理をしています。妊娠高血圧症候群、切迫早産や胎児発育不全などの疾患を合併した妊婦さんに対しても、地域の中核病院として紹介や母体搬送を受けております。医師が24時間待機しており、小児科とともに妊婦さんや胎児の急変に迅速に対応しています。
 
婦人科領域では、手術については腹腔鏡手術(ロボット支援下手術を含む)を取り入れ、より高度で精密な腫瘍の切除や、患者さんの術後の生活にも考慮した身体に優しい手術を心がけています。悪性腫瘍に対する化学療法では、できるだけ自宅で療養できるよう外来での治療を中心に行っております。放射線治療が必要な患者さんに対しては、放射線科と診療情報を共有し、協力して行っています。治療方針については、カンファレンスなどを通して複数の医師で検討し、可能な場合には分子標的薬も積極的に取り入れています。子宮頸がんについては発症予防に重点をおいた診療を行っています。遺伝子診療も可能な患者さんに対して導入しています。
 
生殖補助医療では、タイミング法から重度の不妊患者さんに対しては人工授精、体外受精、さらに最新の手術治療や着床前診断も積極的に取り入れています。妊娠後は当院で周産期管理を受けることが可能ですので、安全な出産までをトータルにケアしています。
 
女性医師では、思春期から更年期にわたって、月経異常・ダイエット対策・更年期障害など、女性の健康維持と増進の為に、女性医学専門医の指導の下で西洋医学と東洋医学を駆使した治療を行っています。
 

スタッフ紹介

教授
  • 藤井 多久磨
  • 関谷 隆夫
  • 西澤 春紀
准教授
  • 野村 弘行
  • 西尾 永司
講師
  • 宮村 浩徳
  • 森山 佳則
  • 大谷 清香
助教
  • 鳥居  裕
  • 伊藤 真友子
  • 市川 亮子
  • 大脇 晶子
  • 坂部 慶子
  • 野田 佳照
  • 尾﨑 清香
  • 吉澤 ひかり
  • 川原 莉奈
  • 溝上 和加
  • 三木 通保
  • 水野 雄介
  • 金尾 世里加
  • 會田 訓子
  • 高橋 龍之介
助手
  • 等々力 彩
  • 成宮 由貴
  • 三谷 武司
  • 山田 芙由美
  • 小谷 燦璃古
  • 中島 葉月
  • 鍋谷 望

教授紹介

  • 先進的手術の普及を目指して

    藤井 多久磨

    講座教授

    Takuma Fujii

    藤井 多久磨

    専門・実績

    専門分野 内視鏡手術/婦人科腫瘍(特に悪性腫瘍)
    資格関係 日本産科婦人科学会専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医、日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医、日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医、日本内視鏡外科学会・技術認定医
    学会関係 日本婦人科腫瘍学会・理事、日本臨床細胞学会・理事、日本癌学会、日本癌治療学会、日本産科婦人科内視鏡学会・理事、日本性感染症学会、婦人科悪性腫瘍研究機構、 日本産婦人科手術学会、日本臨床腫瘍学会、日本性感染症学会、日本生殖医学会、International Gynecologic Cancer Society

    アピールポイント

    【子宮頸がん】
    1.20歳台の異形成
    20歳台で子宮頸部に異形成(前がん病変)があると指摘された場合、治療は慎重に行うべきと我々は考えています。当院ではいくつもの検査を組み合わせて、病状に合わせた診療方針を提案しています。これから妊娠を考えている患者さんが、病変の進行を恐れて頸部を大きく切除してしまうと妊娠・出産に影響を及ぼす可能性があります。病状によってはしばらく経過を見る方法や蒸散術なども方法の一つです。
    2.子宮温存治療
    不幸にも子宮頸がんと診断されても、未婚であったり、子供が欲しいという希望がある場合には子宮温存治療が可能な場合があります。この手術は適用がとても重要です。当科では豊富な手術経験に基づいた適切な助言ができると思いますので、まずは受診してみてください。
    3.手術療法
    若年者の早期浸潤がんであれば、手術をお勧めしています。手術では子宮のほかにリンパ節を摘出しますが、その方法は施設によって違います。従来の開腹手術のほかに傷の小さな腹腔鏡、そのほかロボット技術を用いた方法も選択肢の一つです。これらは先進的な治療ですので、費用にも違いがあります。我々は患者さんの病状に応じ適切な方法を提案しています。術後の下肢のリンパ浮腫においては術式の改良やリハビリ科との共同による診療で症状の出現は昔と比べるとかなり少なくなっています。排尿障害については病状による術式の違いや患者さんの身体の仕組みの違いが大きく影響します。すなわち、個人差がかなりあるのですが、手術においては根治性を保ちつつ排尿に関わる神経をなるべく温存するように努めています。
    4.放射線治療
    子宮頸がんの治療においては手術以外に放射線治療も有効です。当科では放射線治療の専門医と緊密な連絡をとり、個別に治療方針を確認しながら診療にあたっています。放射線は機器も重要ですが、診療にあたるチームとしての技量も重要です。抗がん剤を併用しながら行う治療もあります。病状により、治療計画は異なりますので、患者さんとは相談しながら決めていきます。

    【子宮体がん】
    子宮体がんでは早期に発見されることが多く、適用を慎重に検討したうえで、基本的には腹腔鏡による手術を第一にお勧めします。腹腔鏡による手術は、すでに保険適用されており、一般的な手技となっています。開腹手術に比べ、術後の身体の回復が早いのが特徴です。がんの種類や進行具合によっては開腹手術を第一にお勧めすることもあります。子宮頸がんは治療前にステージ(臨床進行期)を決めますが、子宮体がんは原則として手術後にステージを決めます。術前にCTなどの画像検査にて転移が明らかでなかったとしても、術後の病理検査で転移が判明することがあります。この場合には追加の治療が必要です。治療前に治療全体の流れを知っておくと、治療に前向きになれるのではないかと思います。

    【卵巣がん】
    卵巣がんは早期発見が難しい疾患で、発見時には他臓器にも転移している可能性があります。手術においては腫瘍をできるだけ取り除くことが重要で、腸などの他臓器切除も必要な場合があります。そのため手術に際しては、長時間に及ぶ場合もありますが、当科では腫瘍をできるだけ取り除く方針で治療を進めています。状況に応じて抗がん剤を手術前に投与し、がんの進行を抑えてから手術を行う場合や、手術を2回に分けて行う方法もあります。

    【臨床試験・治験】
    大学病院では今の医療技術を発展させるという社会的使命があります。科学・技術の発展により今後も様々な新しい方法があみだされてきます。その新しい方法が、本当に患者さんにとって良いことなのかどうかについて調べることが重要です。臨床試験・治験というのは、新しい技術や薬などが本当に今の診療と比べて有益なものかどうかを調べるものです。現在の診療は過去の経験やデータに基づいて行われていますが、これは過去において臨床試験・治験を経て科学的に有用であると証明されていることが多いのです。新しい医療を構築するために、これらの試験・治験を行い、有効と認められたものだけが、次の医療へと引き継がれていきます。産婦人科では様々な試験を率先して行っています。これらの試験に参加することによる患者さんのメリットもあります。該当する患者さんにおいて、その詳細は担当医師から説明があります。是非ともご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
  • "Fetus as a Patient"
    胎児も患者さんとして診ています。

    関谷 隆夫

    教授

    Takao Sekiya

    関谷 隆夫

    専門・実績

    専門分野 周産期・超音波
    資格関係 日本産科婦人科学会・専門医、母体保護法指定医、日本超音波医学会・超音波専門医・指導医(産婦人科領域)、日本周産期新生児学会・暫定指導医、マンモグラフィ読影医(B1)
    学会関係 日本産科婦人科学会・代議員、日本母体胎児医学会・幹事、日本産婦人科乳腺医学会・幹事、日本妊娠高血圧学会・評議員、日本超音波医学会中部地方会・運営委員、新胎児学研究会・幹事、中部出生前医療研究会・世話人、愛知胎児心臓病研究会・代表世話人、東海産婦人科学会・評議員、愛知産婦人科学会・評議員、愛知県産婦人科医会・理事、愛知県産婦人科医会母体保護法母体保護法小委員会委員 、愛知分娩監視研究会・世話人、愛知県周産期医療協議会オブサーバー

    超音波検査を用いた画像診断に関する研究を行っております。婦人科領域では女性性器の形態異常や腫瘍の診断、周産期領域では胎児出生前診断、胎児 well beingの評価、母体の頸管熱化、早産予知、胎盤や臍帯異常の診断など妊娠・分娩・産褥に関わる多くの問題をテーマとしております。
    さらに、医療連携や画像診断技術の向上のために地域の勉強会や全国的な講習会も積極的に行っております。

    アピールポイント

    超音波検査は、生殖器や胎児に対する影響が少なく、産婦人科において第一選択となる画像診断法です。本法を用いて早期から正確な診断を受けることは、患者さんやこれから生まれてくる胎児にとって、最適な医療を受けるための重要なプロセスともいえます。適確な診断は適確な治療に繋がるものと考えて精進いたしております。
  • 「信頼される医療の実践」と「次世代に向けた医療の提供」を目指して

    西澤 春紀

    教授

    Haruki Nishizawa

    西澤 春紀

    専門・実績

    専門分野 周産期・内視鏡手術・周産期遺伝学
    資格関係 日本産科婦人科学会・専門医・指導医、日本周産期新生児医学会・周産期(母体・胎児)専門医・指導医、日本人類遺伝学会・臨床遺伝専門医、日本産科婦人科内視鏡学会・技術認定医、日本内視鏡外科学会・技術認定医
    学会関係 日本産科婦人科内視鏡学会・幹事・評議員・審査委員、愛知分娩監視研究会・世話人、日本母体胎児医学会、日本遺伝カウンセリング学会、日本妊娠高血圧学会、日本産婦人科手術学会、など

    アピールポイント

    臨床においては、専門領域に偏ることなく、産婦人科全領域に及ぶ診療活動を行っていますが、特に婦人科内視鏡手術やロボット手術では、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮腺筋症等を中心に多くの手術実績があります。また、妊娠高血圧症候群や子宮内胎児発育遅延等の重篤な周産期疾患の予後改善に向けた新たな診断や治療を実践してきました。さらに、重篤な遺伝子・染色体疾患に対する遺伝子解析技術を応用した出生前診断や着床前診断等にも積極的に取り組んでいます。研究においては、不妊・不育や周産期疾患に対する基礎的かつ臨床的研究を継続して行っており、DNAマイクロアレイや次世代シーケンサーなどの先進的技術を積極的に導入するとともに、基礎研究室との共同研究など幅広い活動を展開しながら、次世代に向けた新規診断法や治療法の開発に努めています。
  • 西尾 永司

    准教授

    Eiji Nishio

    西尾 永司

    専門・実績


    専門分野 不妊・更年期・内視鏡手術
    資格関係 日本婦人科学会・専門医、日本生殖医学会・生殖医療専門医、日本産科婦人科内視鏡学会・技術認定医、日本東洋医学会専門医、日本女性医学会専門医、日本婦人科乳癌学会・評議員、日本産婦人科乳癌学会乳房疾患認定証、日本産婦人科学会用語委員、日本抗加齢学会専門医、日本女性医学会幹事

主な分娩・手術実績数(2019年度)

術式 件数
産科 経腟分娩 306
帝王切開分娩 337
婦人科(良性) 腹腔鏡手術 224
ロボット支援手術 44
子宮鏡手術 51
腹式手術 95
腟式手術 9
婦人科(悪性) 子宮頸癌手術(開腹) 23
(ロボット支援) 1
(腹腔鏡) 2
(広汎性子宮頸部摘出術) 4
子宮体癌手術(開腹) 29
(ロボット支援) 14
(腹腔鏡) 9
卵巣癌手術 46
子宮頸部円錐切除術 88
その他(再発癌摘出含む) 8

本科で診療実績のある主な疾患例

子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌などの悪性腫瘍、子宮筋腫・子宮腺筋症、子宮内膜症などの良性疾患、妊娠合併症や胎児異常などの周産期疾患、不妊症・不育症、更年期障害、その他。