産科・婦人科

病棟の場所 B棟3階、B棟MFICU、B棟4階 外来の場所 B棟2階 産科外来、婦人科外来
Webサイト 産科・婦人科Webサイト

診療内容

主な対象疾患

婦人科

子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、絨毛性疾患、子宮筋腫,子宮腺筋症、卵巣腫瘍、子宮内膜症、骨盤臓器脱、他

産科

切迫流早産、前置胎盤、多胎妊娠、妊娠高血圧症候群、合併症妊娠、胎盤遺残、他

生殖

不妊症、不育症、着床前診断、他

女性医療

早期卵巣機能不全、更年期障害、先天異常、性感染症、他

目標・基本理念・基本方針

目標

リサーチマインドを持った医師の育成
 

基本理念

  • 患者さんに信頼される医療を行う。
  • 正しい知識や高い技術に裏打ちされた診療を行う。
  • 人類愛に満ち溢れた医療人の育成

基本方針

患者さんに最善の医療サービスを提供することを目標として掲げ、患者さんのお気持ちに配慮した診療を行います。次の世代においては標準治療となるような先進的な医療を展開し、その診療エビデンスは臨床研究を通し構築します。チームとして診療を行うことで、同僚との絆を大切にしながら切磋琢磨し、診療技術向上を目指します。
当教室では基幹病院診療科として、質の高い医療の提供とともに最新の知識、技能の習得に努め、さらに、次世代を担う若き医師の教育にも力を入れております。
臨床においては、①婦人科悪性腫瘍に対する徹底した集学的治療、②内視鏡・ロボット手術による低侵襲性治療、③ハイリスク妊娠に対する母体・胎児集中治療管理や出生前診断、④不妊・不育症に対する高度生殖補助医療を 4 本柱に幅広く産婦人科診療に取り組んでいます。

 

診療科の特色

  1. 早期子宮体がんに対する腹腔鏡下・ロボット支援下手術による根治術:これまでの開腹手術に代わる低侵襲性治療を行います。
  2. 若年女性の初期子宮頸がんに対する広汎性子宮頸部摘出術:子宮摘出を回避し、その後の妊娠・出産を可能とした妊孕性温存手術です。
  3. 子宮筋腫や骨盤臓器脱に対するロボット支援手術:最新のテクノロジーを有するロボット手術を行います。
  4. 重症子宮腺筋症に対する腹腔鏡補助下子宮腺筋症病巣切除術:病巣摘出が困難であった重症例に対し腹腔鏡を応用した新しい手術を行います。
  5. ハイリスクおよび異常妊娠・分娩・胎児の管理:MFICU(Maternal-Fetal Intensive Care Unit) を開設し、さらに母体救急の応需によって積極的に地域周産期医療に貢献します。
  6. 受精卵(胚)に対する着床前診断:受精卵より一部の細胞を採取し、遺伝性疾患や染色体異常の診断を行います。

得意とする治療・高度な医療・特徴的な医療

悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術・ロボット支援

婦人科悪性腫瘍も腹腔鏡手術で行う時代が到来しています。当院でも豊富な内視鏡手術の実績をもとに悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術とロボット支援手術を実施しています。初期子宮体がん・初期子宮頸がんで手術を考えられている方は、是非ともご相談ください。 

子宮頸がん妊孕性温存治療について

最近では若い女性の子宮頸がんが増えていますが、初期子宮頸がんおよび高度前がん病変(高度異形成・上皮内癌)として早期に発見できれば治癒し、妊娠・出産も可能です。我々はこうした症例に対する豊富な経験と実績(妊娠・出産例)を基に、子宮頸部円錐切除術や広汎性子宮頸部摘出術を積極的に行っております。

胎児超音波診断

胎児超音波検査は、生殖器や胎児に対する影響が少なく、産婦人科において第一選択となる画像診断法です。本法を用いて早期から正確な診断を受けることは、患者さんやこれから生まれてくる胎児にとって、最適な医療を受けるための重要なプロセスともいえます。最高の診断は最高の治療に繋がるものと考えて精進しております。 

着床前診断

着床前診断は、重篤な遺伝性疾患の保因者夫婦や均衡型染色体構造異常による習慣流産(反復流産を含む)の既往夫婦に対して、受精卵より一部の細胞を採取し、原因となる遺伝子変異や染色体異常の有無を解析する方法です。我々は先端の遺伝子解析技術と豊富な経験を基に最新の着床前診断を行っております。

診療実績(2021年度)

項 目 件 数
産婦人科外来患者数(1日平均) 118
経膣分娩 292
帝王切開件数 344
腹腔鏡下手術 310
婦人科良性腫瘍手術 398
婦人科悪性腫瘍手術 160
体外受精サイクル数 238