低侵襲画像診断・治療センター

病棟の場所 - 外来の場所 放射線棟
Webサイト -

センター内容

センター紹介

藤田学園50周年記念事業の一環として、2012年9月16日に低侵襲画像診断・治療センターがオープンしました。
地下1階:放射線治療、1階:核医学、2階:MRI、3階:ハイブリッド手術(血管造影)、4階:CT、5階:透視とモダリィティ別に分かれています。日本で唯一の1棟まるごと放射線関係のフロアとなっています。
各フロアが機能的なレイアウトで構成されており、安全で高度な放射線診療を提供しております。

センターの3つの特徴

  1. 他に類を見ない先進的な構造
    画像診断と放射線治療のみの1棟まるごと放射線部門の構造は他に類をみないもので、 設計時に放射線科医、診療放射線技師、看護師がほぼ全員携わっており、患者動線、セキュリティ、安全対策を盛り込んだ現場の意見が取り入れられた構造となっています。 JCIや病院機能評価などでも高い評価を得られています。
  2. 高度な診断、治療を低侵襲に提供
    最新機器を備えているため短時間、低被ばく線量での検査が可能です。血管内治療など低侵襲な治療や高度放射線治療も実施しておりがん治療も充実しています。
  3. 迅速な結果報告
    画像診断管理加算3を取得しており、迅速な画像診断報告を実施しています。

診療体制

放射線科医 28名、診療放射線技師102名、看護師39名、補助員・事務員22名で運用しています。

高度な医療

デュアルエナジー対応エリアディテクターCT、超高精細CT、3TMRI、高精細FPD搭載血管造影装置、半導体デジタルPET/CT、3検出器型SPECTなどを産学連携で企業と共同研究開発をおこなっています。また、人工知能を利用した画像診断システムの構築も共同開発をおこなっています。

実績

2020年度 放射線棟実績

放射線治療部門 19,867件
核医学部門 6,748件
MRI部門 18,362件
ハイブリッド手術部門 4,298件
CT部門 41,758件
X線透視部門 5,264件

設備等

各フロアに最新鋭の機器が導入されました。
(地下1階)高精度定位放射線治療および強度変調放射線治療装置、密封放射線治療装置により、がん病巣に絞った詳細な治療が可能になりました。(1階)PET/CT装置は新たに半導体搭載の高解像度PET/CTを導入し、2台となりました。がんの再発診断に威力を発揮します。3検出器型SPECT、SPECT/CTで脳、心臓の詳細な機能診断を行っています。(2階)超高磁場(3テスラ)MRI装置を3台導入し、高精度で迅速な検査に威力を発揮します。(3階)ハイブリッド手術フロアにある5台の各臓器の検査に対応した血管造影装置は心臓、大動脈、脳など高度の血管内治療に威力を発揮します。(4階)CTフロアには本学放射線科が中心となり産学共同開発した320列面検出器CTが3台あります。0.275秒/回転、1度に16cmの範囲をスキャンすることができます。脳、心臓全体などの”4次元(3次元の広がり+時間)”の詳細な情報を得ることができます。さらに、世界初の超高精細CTが1台導入されました。微細な血管、肺、骨構造の描出が可能となりました。最近では2種類のエネルギーのX線を利用したデュアルエナジーCTも導入しています。(5階)X線透視フロアにはフラットパネル搭載型透視装置4台があり、詳細な消化管検査が可能です。
災害対策としては免震構造や非常電源の確保もされているため、災害時にも機能を維持できる構造となっています。セキュリティ面では、各階エレベータホールにカメラが設置してあり、各フロアの入口には施錠システムがあるため時間外に職員以外の人が侵入できない構造となっています。