未承認等の医薬品および医療機器の使用に関する情報公開

医薬品及び医療機器は、法律(医薬品医療機器等法)に基づいて厚生労働省で承認された方法で使用することが求められます。
しかし、治療の必要上、承認内容とは必ずしも一致しない方法で使用すること(適応外使用等と言います)もあります。その場合は、病院内の評価委員会で、使用の必要性があるか、有効性・安全性等の面から問題がないかを審議し、承認した上で使用することとしています。

上記により承認の上、適応外使用等を行う場合、通常は、医療者が文書又は口頭で説明し、患者さんの同意を得ます。しかし、科学的に相当の根拠があり、倫理的な問題が極めて少なく、患者さんに有益であると考えられる使用の際は、文書又は口頭による説明・同意取得を例外的に簡略化することを、病院内の会議で承認しています。

患者さんは、その治療内容を確認し治療を拒否することがきます。
個々の承認内容について詳しくお知りになりたい場合や拒否されたい場合は、各治療の説明資料に記載された問い合わせ先までお知らせください。

院内承認済みの未承認・適応外医薬品及び医療機器一覧

医薬品および医療機器名 承認診療科等 分類 承認日
注射用カリウム製剤 麻酔・侵襲制御医学講座、救急総合内科、循環器内科、小児科、腎臓内科 適応外 2017年9月
吸入麻酔薬 麻酔・侵襲制御医学講座 適応外 2018年8月
※横にスライドして下さい。