セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオンの目的

セカンドオピニオンとは、患者さんまたはご家族の方が、患者さんの病気に対する診断内容や治療方針などについて、現在診療を受けている主治医ならびに医療施設以外の専門医に意見や判断を求めることをいいます。
つまり、主治医による診断や治療などの説明のほかに、他の医師の意見や判断などの情報を得ることにより、患者さんご自身の今後の治療などの意思決定に際し、参考としていただくことを目的とします。

ご注意事項

  1. 本院で治療中の患者さんを対象としません。(本院で治療中の患者さんは他の医療機関でセカンドオピニオンを受けてください。)
  2. 現在の主治医から提供された診療情報のみでお答えします。(セカンドオピニオン外来においては診察や検査を行いません。)
  3. 本院への転院や本院での治療をお勧めしません。
  4. 主治医や治療内容に対する苦情あるいは医療訴訟に関する相談は受け付けません。
  5. セカンドオピニオンでお話しした内容を主治医に報告します。
  6. ご家族の方がセカンドオピニオン外来をご利用する際には、患者さん本人からの同意書を持参してください。患者さんが未成年の場合は続柄を証明できるものを持参してください。
  7. セカンドオピニオン外来は来院前に患者さんからの相談内容を記載した申込書を提出していただき、完全予約制でおこないます。セカンドオピニオン外来の費用は健康保険適応外で、全額自己負担となります。

ご利用の流れ

1.セカンドオピニオン外来申込みの準備をする。
※ホームページよりダウンロードか不可能な場合は地域連携室にご連絡頂ければ郵送いたします。
(TEL0562-93-2995)
 
 
2.<セカンドオピニオン送付書類>
  1.セカンドオピニオン外来申込みのみなさまへ(ダウンロード)
  2.申込みの手引き(ダウンロード)
  3.セカンドオピニオン外来の目的(ダウンロード)
  4.セカンドオピニオン外来申込書(様式1ダウンロード)
  5.主治医の先生へのお願い(様式2ダウンロード)
  6.セカンドオピニオン外来診療情報提供書(主治医記載用)(様式3ダウンロード)
  7.ご家族の方がご相談される際の同意書(様式4ダウンロード)
 
3.主治医の了解を得て、紹介状の作成を依頼し、セカンドオピニオン外来申込書(様式1)に必要事項を記載の上、紹介状と併せて地域連携室に送付してください。(郵送またはファックス)
 
 
4.お申し込みの内容を検討の上、地域連携室で担当医との日程調整を行い、来院日をご連絡します。
 
 
5.セカンドオピニオン外来当日、セカンドオピニオン外来診療情報提供書(様式3)とレントゲン画像などの資料を持参し、初診受付で手続きを行ってください。手続き終了後、地域連携室へご案内します。(画像などの資料は当日返却します)。
 
 
6.担当医師は報告書を作成し、主治医へ送付します(患者さんには説明記録を手渡しいたします)。
 
 
※説明の際に受領した資料を第三者(主治医を除く)へ提出はしないでください。
※相談内容の録音はご遠慮ください。
※セカンドオピニオン外来に関するアンケートにご協力ください。

医療連携に関するリンク

ご利用日時及び料金

ご利用日

担当医と相談の上、こちらから複数の日時を提示させていただきます。

ご利用時間および料金

相談時間は1回1時間とさせていただきます。
この1時間には患者さんにお渡しする外来説明記録や主治医に対する報告書の作成時間を含みます。
料金は1回30,000円(税抜) で、保険診療ではありませんので全額自己負担です。

ご相談例(代表的な疾患)

セカンドオピニオン外来内容の代表的な例を示します。
ここに示した以外の疾患に関してもご相談はもちろん可能です。
お申し込みいただいた相談内容は、セカンドオピニオン外来担当医がお応えできるか判断し、セカンドオピニオン外来ご利用の可否を決定させていただきます。

1.循環器内科(狭心症、心筋梗塞、不整脈、心筋症、大動脈瘤など)心臓、血管疾患

診断に関する相談 心電図、心エコー肝動脈造影検査、CTなどの結果に対する相談
治療に関する相談 カテーテル治療や外科的治療などの治療法に関する相談

2.呼吸器内科(肺癌、睡眠時無呼吸症候群、喘息、び慢性肺疾患など)疾患

診断に関する相談 画像検査(CT、MRI造影検査など)、血液検査、経過などからの診断などの相談
治療に関する相談 薬物治療、外科的治療等に関する相談

3.消化管内科(クローン病、潰瘍性大腸炎、門脈亢進症など)疾患

診断に関する相談 画像検査(CT、MRI、血管造影検査など)、血液検査、経過などからの診断
治療に関する相談 薬物療法、外科的治療、内視鏡的治療などの相談

4.肝胆膵内科(肝炎、肝癌、膵炎、膵癌、胆石、胆のう炎、胆のう癌、胆管炎、胆管癌など)疾患

診断に関する相談 画像検査(CT、MRI、造影検査など)、血液検査、経過などからの診断など
治療に関する相談 薬物療法、外科的治療等に関する相談

5.リウマチ・感染症内科(関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、多発性筋炎、皮膚筋炎、血管炎など)疾患

診断に関する相談 画像検査(CT、MRI、造影検査など)、血液検査、経過などからの診断など
治療に関する相談 薬物療法、外科的治療、リハビリ療法などの相談

6.内分泌内科(糖尿病、甲状腺機能異常、副腎機能異常など)疾患

診断に関する相談 画像検査(CT、MRI、超音波検査など)、血液検査、経過などからの診断など
治療に関する相談 外科的療法(移植を含む)、内科的治療など

7.神経内科:神経変性疾患(脊髄小脳変性症、パーキンソン病、筋委縮性側策硬化症など)神経脱髄疾患(多発性硬化症、視神経脊髄炎など)脳神経障害、遺伝性代謝疾患、内科疾患に伴う障害など

診断に関する相談 画像検査(MRI、SPECT、など)、血液検査、隋液検査、経過などからの診断など
治療に関する相談 薬物療法、リハビリ療法など

8.総合外科・膵臓外科(膵・胆嚢・胆管・十二指腸乳頭部癌、膵内分泌・膵管内乳頭粘液性腫瘍、膵・胆管合流異常、先天性胆道拡張症、慢性膵炎、膵石症、胆石症など)の疾患

診断に関する相談 画像検査(腹部超音波、CT、MRIなど)、採血検査の結果に基づいた診断に関する相談
治療に関する相談 各疾患に対する最新の治療法を含めたち治療の相談
悪性腫瘍に対する手術、化学療法、放射線科学療法などの至摘治療法の相談
手術方法(開腹方法、腹腔鏡手術、ロボット手術)や手術術式に関する相談

9.上部消化管外科(胃、食道癌、食道アカラシア、胃GISTなど)疾患

診断に関する相談 画像検査(内視鏡、PET-CTなど)、採血検査の結果に基づいた診断に関する相談
治療に関する相談 内視鏡的切除、腹腔鏡腹腔鏡/胸腔鏡下手術、ロボット支援手術、開腹/開胸手術などの適応に関する相談など

10.小児外科(小児胆道、消化管奇形、漏斗胸など)疾患と肝移植

診断による相談 画像検査(CT、造影検査、超音波検査など)、血液検査、経過などからの診断など
治療に関する相談 外科的治療(肝移植、内視鏡下手術を含む)、薬物療法、内科的治療など

11.内分泌外科(腫瘍疾患、内分泌疾患など)

診断に関する相談 画像検査(CT、造影検査、超音波検査など)、血液検査、経過などからの診断など
治療に関する相談 薬物療法、外科的治療、内科的治療など

12.乳腺外科(癌、良性疾患など)疾患

診断に関する相談 転移・再発や進行度に対する画像検査、採血検査の結果に対する相談、または良性か悪性など病理検査の結果に対する相談など
治療に関する相談 手術の適応や化学療法での治療の可否。放射線治療法など治療方法の選択に関する相談など

13.小児科(感染症、アレルギー疾患、脳炎/脳症、小児腎疾患、新生児疾患、免疫不全症など)疾患

診断に関する相談 画像検査(CT、造影検査、超音波検査など)、検査、経過などからの診断など
治療に関する相談 薬物療法、内科的治療など

14.脳神経外科(脳動脈瘤、脳腫瘍、脊髄・脊椎疾患、遷延性意識障害など)疾患

診断に関する相談 画像検査(MRI、SPECTなど)血液検査に対する相談など
治療に関する相談 手術の適応や手術方法に対する相談。化学療法や放射線治療など補助治療に対する相談

15.整形外科(変形性股関節症、変形性関節症、脊椎管狭窄症など)疾患

診断に関する相談 診断画像検査(CT、MRI、造影検査など)、血液検査、経過などからの診断など
治療に関する相談 薬物療法、外科的治療など

泌尿器科(尿路性悪性腫瘍、良性疾患、腎移植、前立腺肥大症、尿路結石など)疾患

診断に関する相談 画像検査(CT,MRI、超音波検査など)、血液検査、経過などからの診断など
治療に関する相談 薬物療法、外科的治療(移植を含む)、内科的治療

耳鼻咽喉科(頭頸部腫瘍など)

診断に関する相談 画像検査(CT、MRI、超音波検査など)、血液検査、経過などからの診断など
治療に関する相談 手術の適応、手術の方法についての相談など

次のような場合はセカンドオピニオン外来をご利用できません

・本院での治療を希望されている場合
・主治医に対する不満、医療過誤および裁判係争中に関する相談
・医療費の内容、医療給付に関する相談
・死亡した患者さんを対象とする場合
・治療後の善し悪しの判断を目的とする場合
・主治医が了解していない場合
・ご家族の方のみでのご来院で、患者さんご本人の同意書をお持ちでない場合
・未成年の患者さんのご家族のみがご来院されて、続柄を確認できる書類をお持ちでない場合
・特定の医師・医療機関への紹介を希望されている場合
・相談に必要な本院から指定された資料(診療情報提供書・検査データ・画像データなど)をお持ちでない場合
・相談内容が本院の専門外である場合
・ご予約されていない場合

お申し込み要項

本院セカンドオピニオン外来をご利用するにあたり、申込みに必要な書類やご案内などを示します。
これらの書類は地域連携室から郵送またはファックスでお届けすることもできますし、印刷あるいはダウンロードすることも可能です。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

お申し込み・お問い合わせ先

藤田医科大学病院 医療連携福祉相談部 地域連携室
電話:0562-93-2995  FAX:0562-93-3666
 
月曜日から金曜日 9時00分から17時00分 / 土曜日 9時00分から12時30分
※ 休診日:日曜・祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)