臓器移植

臓器移植について

移植手術風景(脳死膵・腎同時移植手術)

臓器移植は20世紀の奇跡の医療と言われ、臓器不全に対する究極的治療法として臨床応用されてきました。また2010年の改正臓器移植法の実施により、わが国の脳死ドナー数も増加し、多くの命が救われています。
藤田医科大学病院は東海・北陸地区の臓器提供、臓器移植の中心的施設で、腎臓、膵臓、肝臓などの多臓器の移植を実施しており、500例を超える症例の実績があります。現在まで、各診療科で個々に行ってきた臓器移植診療ですが、臓器の別を問わず移植医療には、術前の免疫学的診断、免疫抑制療法、生体ドナーの評価や安全性確保、倫理的問題など、多くの共通点があり一つの診療科で実施してゆくことは、患者さんの側からも多くのメリットがあります。臓器提供数が我が国最多でもある藤田医科大学病院では、将来的には全臓器を対象とした臓器移植センターを構築し、種々の臓器移植の集学的治療を実現することが患者さんの安全性の
確保や移植成績の向上につながると考えています。

臓器移植への取り組み

2012年4月に移植支援室が開設され、また9月には医学部に臓器移植科が、わが国で先駆けて臓器移植に特化した診療科として開設されました。スタッフはわが国を代表する移植医であり、移植の臨床、研究経験の豊富な面々で構成されています。今後、わが国を代表する臓器移植センターを目指して発展させていきたいと思いますので、患者さんにおかれましては、移植に関すること、いつでも気軽にご相談ください。

藤田医科大学病院の移植実績

  2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
生体腎移植 6 6 9 8 3 9 10 7 10 22
献賢移植 2 3 5 5 8 7 2 3 7 7
生体肝移植 10 9 4 2 4 1 4 4 3 6
生体膵臓移植 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0
脳死膵臓移植 0 0 0 0 0 5 10 5 8 8

臓器移植科紹介動画