血液浄化センター

病棟の場所 - 外来の場所 B棟2階
Webサイト -

センター内容

主な疾患

慢性腎不全(血液透析:入院48名、通院40名、腹膜透析:38名)
アフェレシス対象疾患(アフェレシス実施患者数44名) : 血栓性血小板減少性紫斑病、潰瘍性大腸炎、クローン病、膿疱性乾癬、関節症性乾癬、急速進行性糸球体腎炎、閉塞性動脈硬化症、家族性高コレステロール血症、重症筋無力症、慢性炎症性脱髄性多発根神経炎,多発性硬化症 、ギランバレー症候群、など

センター紹介

慢性腎不全患者さんに対して、新規導入血液透析、合併症・併存症治療のために入院中の維持血液透析、通院腹膜透析、腎移植前の術前血液透析などあらゆる腎代替療法に対応しています。また難治性病態へのアフェレシス治療を行い、患者さんの病態改善に貢献しています。さらに、診療のみならず大学病院の責務である将来を担う透析従事者の育成や臨床研究も行っています。

センターの3つの特徴

  1. 当センターでは通常の血液透析・血液濾過透析療法の他に、アフェレシス治療を行っています。
  2. 血液透析治療とともに腹膜透析(CAPD)外来をセンター内に開設し、約40名の腹膜透析患者さんが通院しています。
  3. 透析看護認定看護師を配置し、慢性腎臓病保存期の患者さんには腎代替療法選択のサポートを、透析開始となった患者さんには導入期指導を行っています。

診療体制

診療スタッフは腎臓内科医師の他、血液浄化療法に専従した臨床工学技士20名と看護師11で構成されています。患者さんを中心としたチーム医療を実践するために、医師、臨床工学技士、看護師、栄養士、薬剤師で定期的に合同検討会を開催しています。

高度な医療

アフェレシス療法とは体外循環によって血液中から血漿成分、細胞成分を分離し、病気の原因となっている物質、あるいは特定の血液成分だけを除去し、きれいに浄化された血液を体内に返す治療法です。当センターでは高度先進医療Aとして、アフェレシス治療の一つであるLDLアフェレシスを、重度蛋白尿を伴う糖尿病性腎症の患者さんに施行しています。これまでの治療成績として、本治療と生命予後改善、透析までの期間延長との関連が報告されています。

2021年度実績

血液透析患者数 605名
腹膜透析 患者数(3月度) 38名
腎不全透析導入 患者数 131名
他施設からの紹介患者数 581名
血液透析施行 延べ件数 13,431件
特殊血液浄化施行 延べ件数 197件

設備等

血液透析装置:43台
多用途血液処理用装置:4台
体成分分析装置InBody:1台
LDLアフェレーシス専用装置:1台