救急総合内科

病棟の場所 - 外来の場所 A棟1階 救急外来
Webサイト 救急総合内科webサイト

診療内容

主な対象疾患

内科系から外科系までのあらゆる重症度の疾患、初期診療と集中治療 診断が困難な病気の診断、治療

目標・基本理念・基本方針

理念・目標
特定の臓器に偏った診療ではなく、患者中心の全人的な医療を実践します。
基本方針
  1. 急性期病態を対象に専門医や他職種と連携し、患者様にとって最善の医療を提供します。
  2. 救急外来と内科初診外来を担当し、初期診療や適切な医療への方向付けを行います。
  3. 救急外来に搬送された重症疾患、複数の病態、診断の確定していない症候を中心に総合的な入院診療を行います。
  4. 救急医療、集中治療、総合内科の専門医を育成し、急性期病態の診療に貢献できる臨床研究の実施と成果の発信を行います。

診療科の特色

当科は「特定の臓器に偏った診療ではなく、患者中心の“全人的”な医療を実践する」という理念に基づき、症状や病気によって差別せずに診療を行います。問題解決にあたり、evidence-basedであることに心掛け、専門医やほかの医療職との連携も良好にして最善の診療をめざすことが重要と考えています。
外来診療では救急室と内科初診外来を担当し、初期診療や適切な医療への方向付けを中心に行っています。入院診療では、救急室に搬送される重症内科疾患、臓器別に細分化された診療科では診療が困難な複数の問題を持つ症例や診断の確定していない症例を中心に診療を行っています。
また、研修医や若手医師の臨床教育も重要な任務です。将来の専門性にとらわれないプライマリ・ケア医としての基本が修得できるように臨床教育を進めています。

診療実績(2020年度)

救急患者総数 23,481人
救急外来受診患者数 23,461人
救急車搬送数 8,693人
延患者数 22,385人
新患者数 9,466人