血液内科・化学療法科

当科では、血液疾患全般の診療を行っています。特に、白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫などの造血器腫瘍の化学療法や造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植)に重点を置いており、JALSG(日本成人白血病研究グループ)、ATLSG(成人リンパ腫治療研究グループ)の登録病院です。
 
血液の疾患では、治療期間が長くかかることや入退院を繰り返す場合も少なくありませんので、患者さんのご意向を拝聴して、最もよい治療法が選択できるようご相談させていただきます。入院中には心理カウンセリングもご利用いただけます。
 
また、治療が落ち着かれたあとの経過観察は、ご自宅の近くの病院やかかりつけ医と連携することもすすめていますので、ご相談ください。外来を受診の際には、紹介状や過去の検診結果、人間ドックの結果などがありましたらご持参ください。

スタッフ紹介

教授
  • 恵美 宣彦
  • 岡本 昌隆
  • 赤塚 美樹
准教授
  • 冨田 章裕
  • 山本 幸也
講師
  • 蟹江 匡治
  • 岡本 晃直
  • 稲熊 容子
  • 入山 智沙子
助教
  • 德田 倍将

教授紹介

  • 技術と経験、そして良き相談相手に

    恵美 宣彦

    教授

    Nobuhiko Emi

    恵美 宣彦

    専門・実績

    血液内科全般を診療しており、特に白血病、造血障害、造血幹細胞移植の診療を長く経験しています。日本血液学会の評議員、指導医、専門医です。

    アピールポイント

    血液の疾患は、治療に長期間かかるものが多く、入退院を繰り返す病気もあります。もっともよい治療方法をご本人、ご家族とご相談していきたいと思います。
  • ScienceとArtの融合
    - 画一的な治療から患者さん個々に最も適した治療をめざして -

    岡本 昌隆

    教授

    Masataka Okamoto

    岡本 昌隆

    専門・実績

    臨床血液学、血液腫瘍学、特に悪性リンパ腫を中心に研究しています。日本内科学会認定医・指導医、日本血液学会専門医・指導医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本がん治療認定医機構認定医・暫定教育医です。

    アピールポイント

    当院では開院以来1,400名ほどのリンパ腫の治療経験がありますが、その半数以上の診療に関わってきました。リンパ腫の病態解明、診断、治療を専門とする複数の施設の研究者とのネットワークを生かし、患者さん個々に迅速で確実な診断と適切な治療を提供します。
  • 臨床と基礎研究の橋渡しを推進

    赤塚 美樹

    医師

    Yoshiki Akatsuka

    赤塚 美樹

    専門・実績

    血液内科全般を診療とともに、造血幹細胞移植と多発性骨髄腫のを中心に診療しています。また移植免疫について臨床と基礎の橋渡しとなるような研究を続けています。日本内科学会総合内科専門医、日本血液学会専門医・指導医・評議員、日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医・理事・編集委員会委員長、日本輸血・細胞治療学会認定医・細胞治療認定管理師、日本がん免疫学会理事です。

    アピールポイント

    それぞれの患者さんのニーズに応じた診療をめざしています。長い基礎研究経験をもとに基礎医学の進歩を実地診療に生かしながら、まだメカニズムの分かっていない血液疾患の原因究明や治療法の開発を特に免疫療法の観点から進めています。

臨床試験・治療

当科では独自もしくは他の専門医療機関と連携して多くの多施設共同研究として臨床試験や治験を進めています。詳しくは血液内科・化学療法科特設サイトをご覧ください。
 
※研究支援推進センター問い合わせ先
(tel;0562-93-2139, 対応時間:月~金(祝日を除く)9:00~17:00)

主要疾患別新規入院患者数(平成26~28年度)

悪性リンパ腫 249
  びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 149
濾胞性リンパ腫 34
ホジキンリンパ腫 15
MALTリンパ腫 12
バーキットリンパ腫 6
ATLL 12
末梢性T細胞リンパ腫群 6
マントル細胞リンパ腫 10
NK/T細胞リンパ腫 3
急性骨髄性白血病 48
急性前骨髄球性白血病 2
急性リンパ性白血病 13
慢性骨髄性白血病(成人) 9
骨髄異形性症候群 21
多発性骨髄腫 43
特発性血小板減少性紫斑病 27
再生不良性貧血 5
発作性夜間血色素尿症 4

平成28年度リンパ腫新規入院患者統計

  • 平成28年リンパ腫総数 106 (男性 56、女性 50)
  • 年齢 27~90歳(中央値 67歳)

前駆T・B細胞腫瘍 1
  T/B-リンパ芽急性白血病リンパ腫 1
成熟B細胞腫瘍 77
  慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫 0
リンパ形質細胞性リンパ腫 0
形質細胞腫瘍 0
粘膜関連リンパ組織雪害性辺縁対リンパ腫(MALT) 5
濾胞性リンパ腫 グレード1,2,3(a/b) 2/4/5
マントル細胞リンパ腫 4
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫、非特異群 50
EBV関連B細胞増殖性疾患 0
縦隔(胸腺)原発大細胞型B細胞リンパ腫 1
血管内大細胞型B細胞リンパ腫 0
原発性浸出液リンパ腫 0
バーキットリンパ腫 1
皮膚原発胚中心細胞リンパ腫 1
中枢神経原発大細胞型B細胞リンパ腫 1
分類不能 3
成熟T細胞腫瘍 12
  成人T細胞白血病リンパ腫 3
節外性NK/T細胞リンパ腫、鼻型 1
腸管症関連T細胞リンパ腫 0
皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫 2
皮膚T細胞リンパ腫(菌状息肉症) 0
末梢性T細胞リンパ腫、非特異群 2
血管免疫芽球型T細胞リンパ腫 1
未分化大細胞型リンパ腫、ALK陽性 1
未分化大細胞型リンパ腫、ALK陰性  1
肝脾γ/δ T細胞リンパ腫 1
ホジキンリンパ腫 2
  結節性リンパ球優勢型ホジキンリンパ腫 0
古典的ホジキンリンパ腫結節硬化型 1
古典的ホジキンリンパ腫混合細胞型 1
古典的ホジキンリンパ腫リンパ球豊富型 0
古典的ホジキンリンパ腫リンパ球減少型 0

2.主な治療成績

リンパ腫の治療成績
年度別の治療成績は組織型分布が異なるため、単純比較は困難で、下記に主要病型の当院を
含む多施設共同研究の治療成績を示す。

(1)びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(age adjusted IPI risk factor≧1)101例の
R-CyclOBEAP療法の第Ⅱ相試験(藤田保健衛生大学病院症例を含む多施設共同研究)結果

対象 N=101 No 
年齢 ;中央値(range)歳 51 (20–60)
性別 ; 男性 54 53
病期 ; III/IV 72 71
Performance status ; 2 27 27
血清LDH ; >施設正常値上限 89 88
節外病変数; ≧2 11 11
血清可溶性 IL-2R ;≧2000 IU/ml 28 28
年齢調整国際予後指数
L-I 36 36
H–I 42 41
H 23 23
治療成績
完全奏効 96 95
5年全生存割合 85%
5年無増悪生存割合 76% (GCB群 80%、 non-GCB群 74%)

(2)濾胞性リンパ腫のRituximab導入前後での治療成績(藤田保健衛生大学病院)

  コントロール群(Rなし) 研究群 (Rあり)
対象症例数 24 61
評価可能症例 24  60 (併存症死亡:1)
年齢(中央値) 31~82 (52) 歳 33~82 (57) 歳
性別:男性/女性 11 / 13 37 / 24
組織亜型
grade 1 8 18
grade 2 9 28
grade 3 7 (A, 5 : B, 2) 15 (A, 13 : B, 2)
FLIPI risk因子
年齢≧60歳 11 (45.8%) 23 (37.7%)
臨床病期≧Ⅲ 17 (70.8%) 42 (68.9%)
Hb≦12.0g/dl 7 (29.2%) 11 (18.3%: n=60)
血清LDH>正常上限 16 (66.8%) 24 (40.7%: n=59)
浸潤リンパ節領域>4 3 (12.5%) 12 (20.0%: n=60)
FLIPI risk group
Low / Intermediate / High 11 / 6 / 7 25 / 17 / 19
治療成績
完全奏効割合 15 (62.5%) 53 ( 88%)
全奏効割合 20 (83.3%) 60 (100%)
再発/再燃 12 (60.0%) 16 ( 26.7%)
生存期間(中央値)
無病生存期間 25 ヶ月 17+ヶ月
無増悪生存期間 32+ヶ月 21+ヶ月
全生存期間 88+ヶ月 27+ヶ月
5年
無病生存割合 32% 53%
増悪生存割合 37% 57%
全生存割合 73% 85%


1)Rituximab併用化学療法61例のFLIPI risk群別治療成績
FLIPI risk group low intermediate high
症例数 24 18 19
完全奏効(%) 20 (83%) 14 (82%) 18 (95%)
全奏効割合(%) 24 (100%) 17 (94%) 19 (100%)
治療成績
再発/再燃 6 (25%) 5 (29%) 5 (26%)
無病生存割合(%) 21.3 (5yr) 65.0 (5yr) 59.7 (3yr)
無増悪生存割合(%) 25.8 (5yr) 65.0 (5yr) 61.5 (3yr)
全生存割合(%) 100.0 ( 5yr) 72.9 (5 yr) 100.0 (3 yr)


2)Rituximab併用化学療法61例の組織型(sub type)別治療成績
histologic subtype grade 1 grade 2 grade 3A/B
症例数 18 28 15
治療成績
完全奏効 13 (72%) 25 (89%) 13 (87%)
全奏効割合(%) 18 (100%) 27 (96%;ED1) 15 (100%)
再発/再燃 3 (17%) 7 (26%) 6 (40%)
無病生存割合(%) 51.4 (5yr) 60.4 (5yr) 40.9 (3yr)
無増悪生存割合(%) 68.4 (5yr) 59.5 (5yr) 40.4 (3yr)
全生存割合(%) 66.7 (5yr) 92.2 (5 yr) 90.9 (3yr)

(3)末梢性T細胞リンパ腫 84例におけるCyclOBEAP療法の第Ⅱ相試験結果
対象  N=84 No (%)
組織型
PTCL,NOS 43 (51)
AITL 27 (32)
ALCL, ALK-positive 12 (15)
ALCL, ALK-negative 2 ( 2)
年齢;中央値 54 (20-60)歳
性別;男性 50 (60)
病期;III/IV 68 (81)
Performance status;≧2 25 (30)
血清LDH;>施設正常値上限 72 (86)
全身症状;あり 21 (25)
節外病変数;≧2 6 ( 7)
治療成績
5年全生存割合 72%
5年無増悪生存割合 61%

本科で診療実績のある主な疾患例

白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫をはじめとする造血器腫瘍を中心に、血液疾患全般(溶血性貧血、血小板減少症、再生不良性貧血)を含めて広く診療を行っています。