神経内科

最新の研究成果を診察室へ

  • 病気の治療のみでなく、病む人を癒す医療を実践する
  • 基礎研究に基づく臨床と、臨床に立脚した基礎研究の融合を目指す
  • 臨床能力の高い良き神経内科医の育成に努める

以上の基本方針のもと、「最新の研究成果を診察室へ」をスローガンに、最新の医療知識、技術を駆使し、全ての患者様に、常に迅速、安全、確実な医療を提供すべく、スタッフ一丸となって日々研鑽に励んでおります。

スタッフ紹介

教授
  • 武藤 多津郎
  • 伊藤 信二
准教授
  • 植田 晃広
講師
  • 島 さゆり
  • 水谷 泰彰
助教
  • 石川 等真
  • 廣田 政古
  • 村手 健一郎
  • 新美 芳樹
  • 長尾 龍之介
  • 前田 利樹
  • 菊池 洸一
助手
  • 加藤 邦尚
  • 坂野 文彦
  • 東 篤宏
客員教授
  • 橋詰 良夫
  • 小長谷 正明
  • 田中 正美
客員准教授
  • 久留 聡
  • 寺田 正樹
客員講師
  • 三原 貴照
  • 上田 貴之
  • 木澤 真努香
  • 竹内 誉子
  • 千田 麻友美

教授紹介

  • 新たな研究成果を診察室へ

    武藤 多津郎

    教授

    Tatsuro Mutoh

    武藤 多津郎

    専門・実績

    当科においては、徹底的な問診と伝統的な神経症候学に基づく注意深い神経診察という現代医学で忘れがちな基本を大事に診療しています。一方新たな神経科学知見の追及と導入を実践しており、既成概念に捕われない新規診断法、新規治療法を開発して来ました。特に、神経変性疾患・神経免疫疾患では、新たな疾患単位の存在を示唆する決定的な証拠を発見し、広く世界に発信して来ました。これらの成果により、他医療機関で治療不能であった症例の正確な診断を基盤に病態を改善させる実績から他府県や海外からの多数の患者さんの診療にも携わって来ました。又、当科は、神経糖鎖生物学研究の世界的拠点の一つとなっており、厚労省の多くの神経難病研究班の一員として全国レベルの研究にも貢献して来ました。臨床では、幸い、事実に真剣に向き合い神経疾患に悩む患者さんの苦痛に真摯に対峙し常に患者さんに寄り添う大変頼もしい医師集団の構築も出来ております。

    アピールポイント

    私はこれまでアルツハイマー病(AD) やパーキンソン病(PD)など高齢化を迎え急増している神経難病ばかりでなく、多発性硬化症、慢性炎症性脱髄性末梢神経炎などの神経免疫疾患、先天性代謝異常、脳炎などの神経感染症、脊髄疾患、脳血管障害など多義にわたる疾患の診療に取り組んできました。特に、神経免疫疾患では未知の疾患の発見とその診断法の確立、治療法の樹立に成功し、国内外の医療機関より診断確定の為送付されてきた多数の検体の判定に協力しており厚労省の班研究にも多大な貢献をしてきました。又、先天性代謝異常の診断が可能な神経内科としては当該医療圏では当科のみで大変ユニークな存在となっています。現在、ADやPDに関して、想定外の神経糖鎖生物学的知見を得ており、今後革新的治療・診断法を皆様にお届けできるよう国際共同網の中で鋭意研究を推進しています。その他、種々の国際科学誌の編集者として世界の若手神経学者の育成にも携わっています。

当科の特徴

当科においては、徹底的な問診と伝統的な神経症候学に基づく注意深い神経診察という現代医学で忘れがちな基本を大事に診療しています。一方新たな神経科学知見の追及と導入を実践しており、既成概念に捕われない新規診断法、新規治療法を開発して来ました。特に、神経変性疾患・神経免疫疾患では、新たな疾患単位の存在を示唆する決定的な証拠を発見し、広く世界に発信して来ました。これらの成果により、他医療機関で治療不能であった症例の正確な診断を基盤に病態を改善させる実績から他府県や海外からの多数の患者さんの診療にも携わって来ました。又、当科は、神経糖鎖生物学研究の世界的拠点の一つとなっており、厚労省の多くの神経難病研究班の一員として全国レベルの研究にも貢献して来ました。臨床では、幸い、事実に真剣に向き合い神経疾患に悩む患者さんの苦痛に真摯に対峙し常に患者さんに寄り添う大変頼もしい医師集団の構築も出来ております。

主要疾患別入院患者数(2015年1月~2015年12月)

脳血管障害 359名
  脳血栓症 281名
脳塞栓症 9名
一過性脳虚血発作 54名
その他の脳血管障害 15名
変性疾患 142名
  筋萎縮性側索硬化症 24名
MSA-P(線条体黒質変性症) 8名
MSA-C(オリーブ橋小脳萎縮症) 21名
脊髄小脳変性症 13名
パーキンソン病 31名
レヴィ小体型認知症 1名
進行性核上性麻痺 3名
大脳皮質基底核変性症 7名
脳血管性パーキンソニズム 1名
その他のパーキンソニズム 11名
痙性対麻痺 5名
ハンチントン病 4名
アルツハイマー型認知症 7名
球脊髄性筋委縮症 2名
その他認知症 4名
神経免疫疾患 168名
  多発性硬化症 19名
視神経脊髄炎 11名
急性視神経炎 2名
急性脊髄炎 2名
脳脊髄根末梢神経炎(EMRN) 8名
辺縁系脳炎 2名
NMDA脳炎 4名
ギランバレー症候群 4名
フィッシャー症候群 2名
慢性炎症性脱髄性多発神経炎 84名
多巣性ニューロパチー 7名
重症筋無力症 17名
傍腫瘍性神経症候群 5名
急性散在性脳脊髄炎 2名
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 1名
神経感染症 27名
  VZV髄膜炎 2名
無菌性髄膜炎 15名
神経梅毒 2名
細菌性骨髄膜脳炎 2名
HTLV-1関連脊髄症 3名
その他感染神経症 3名
代謝性疾患 4名
  ウェルニッケ脳症 1名
ミトコンドリア病 1名
その他代謝性疾患 2名
末梢神経障害 38名
  その他のニューロパチー 38名
筋疾患 8名
  筋強直性ジストロフィー 2名
顔面肩甲上腕型ジストロフィー 1名
多発性筋炎 1名
その他筋疾患 4名
脊髄疾患 6名
  脊髄梗塞 1名
平山病 1名
その他脊髄疾患 4名
その他 68名
  白質脳症 1名
低随液圧症候群 2名
不随意運動症 7名
悪性症候群 3名
正常圧水頭症 5名
てんかん 32名
神経疾患以外 5名
リウマチ性多発筋痛症 1名
めまい症 1名
その他感染症 4名
意識消失 4名
軽度認知障害 1名
頭痛症 2名
合計 820名

本科で診療実績のある主な疾患例

脳血管障害、認知症、パーキンソン病および類縁疾患、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、多発性硬化症、慢性脱髄性多発根神経炎、脳脊髄根末梢神経炎(EMRN)、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症、多発性筋炎、脳炎、髄膜炎並びに、頭痛(片頭痛、緊張型頭痛など)、てんかんなど機能性疾患にも対応しています。