脳神経外科

病棟の場所 A棟7N病棟 外来の場所 A棟1階
Webサイト 脳神経外科Webサイト

診療内容

主な対象疾患

脳腫瘍(神経膠腫、神経膠芽腫、髄膜腫、下垂体腺腫、神経鞘腫、頭蓋咽頭腫、髄芽腫、上衣腫、血管芽腫、松果体腫瘍、小児脳腫瘍、転移性脳腫瘍など)、顔面痙攣、三叉神経痛、脳血管障害(脳動脈瘤、頸動脈狭窄症、脳動静脈奇形など)、てんかん、脊椎・脊髄疾患(脊髄腫瘍、脊柱菅狭窄症、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、腰椎すべり症)、遷延性意識障害、頭部外傷、水頭症、二分脊椎、頭蓋骨縫合早期癒合症、低髄液圧症など、幅広く対応しています。

目標・基本理念・基本方針

脳腫瘍を中心に国内でも有数の実績を持つ各領域の専門家を中心としたチーム医療で診療に取り組み、先進的な技術を導入しながら診療を進めています。手術を予定された方については 綿密な検査と高度な手術技術によって脳障害をきたすことなく治療を完遂することでご期待に添えるよう努め、一方で脳神経領域の救急診療にも積極的に臨み、地域医療の発展に貢献します。 

診療科の特色

当科では、脳腫瘍(良性 ・悪性)、機能的脳神経外科(血管減圧術、てんかん手術)、さらには脊椎・脊髄や小児脳神経外科の各部門において最先端の診療を実行できるスタッフが揃っており、脳血管障害についても脳卒中科と連携しながら診療を行っています。 治療難度の高い疾患に対しても積極的に診療を行っていますが、がん治療専門医、血管内治療専門医、 神経内視鏡技術認定医、脊髄外科専門医 などの指導資格を持ったスタッフが揃い、覚醒下開頭による脳腫瘍手術、神経内視鏡を用いた低侵襲手術、解剖学的知識に裏付けられた頭蓋底手術や、電気生理学的モニタリングを駆使した手術など、高度な技術の開発にも力を入れています。また大学病院としては珍しいことですが遷延性意識障害の方の治療センター (国土交通省委託事業)も有しています。 脳神経外科の先端医療を実践するための医学研究も重要視し、独自の研究のほか、他施設との共同研究も積極的に行っています。 脳神経外科で診療する疾患は決して頻度の高いものではありませんし、何よりも脳の疾患ということが治療を受けられる方々にとっては大きな不安になることは珍しくなりません。当科では皆様に安心して治療を受けて頂くために担当医が丁寧に説明することをモットーにしています。 手術や薬物治療はもちろん、治療後の経過追跡まで綿密に行うことができる体制で、皆様の期待に沿うこと ができるよう努めています。 

診療実績(2020年)

項目 件数
脳腫瘍摘出術、生検術 104
経鼻内視鏡下腫瘍摘出術 22
微小血管減圧術 17
脊髄刺激装置埋め込み術 5
脊髄腫瘍摘出術 4
頭部外傷手術 90
その他手術 75
血管内治療(塞栓術) 7
血管内治療(ステント留置術) 11
血管内治療(その他) 6
経皮的椎体形成術 13

得意とする治療・高度な医療・特徴的な医療

悪性脳腫瘍に対しては本邦でいち早く遺伝子解析を診療に生かすなど最先端の知見を実際の診療に応用しています。良性脳腫瘍に対しては高難度のものであっても頭蓋底手術手技や最新の内視鏡治療技術を駆使して機能予後を第一とした治療を行っています。いずれの疾患に対しても画像や電気生理学的検査の綿密な解析に基づいて適切な治療を提供しますが、脊椎疾患にも内視鏡による治療を行うなど、体に優しい治療法も積極的に導入しています。