緩和ケアセンター

病棟の場所 C棟6・7階 外来の場所 -
Webサイト -

センター内容

主な対象疾患

がん患者全般

センター紹介

当センターは2018年5月から国内でも有数の37床を有し,現在の緩和ケアセンターとして終末期がん患者様の入院診療に当たっています。患者様と家族の皆様に,ここは終演の地ではなく、苦痛を緩和して栄養をつけ、もう一度家に帰ってみんなで笑顔になれる事を目標に診療に当たります。“すべては患者さまの笑顔のために”をスローガンに、もう一度笑顔を取り戻せるように質の高い緩和ケアと栄養管理を行い皆様に満足をす.

センターの3つの特徴

  1. 急性期から慢性期・終末期まで途切れることのない、あらゆるがん疾患に対応した安心できる緩和治療を提供できる体制を構築しています.
  2. 地域に根ざした病院として、地域連携室や医療連携福祉相談部と協力して、この地域とともに明るい未来に向けた取り組みを行います。
  3. 緩和ケア病棟ですが,リハビリ科や栄養チームと連携して,入院中の栄養管理やリハビリ治療を行い,在宅へ向けての治療を行います.

診療体制

急性期病棟の患者様においてはがんの治療を続けながら痛みや呼吸困難など様々な症状に苦しむ患者様に、医師・看護師・薬剤師・臨床心理士・作業療法士など多職種が連携する緩和ケアチームとして毎日往診を行っており、急性期から慢性期・終末期まで途切れることのない、あらゆるがん疾患に対応した安心できる緩和治療を提供できる体制を構築しています。入院・緩和ケアチーム・外来(地域連携)が三位一体となって、どのようながん治療の状況の患者様でも、途切れることのない地域に根ざした緩和ケアを患者さん、ご家族の多種多様なニーズにはお応えできるよう、誠心誠意、患者ファーストで活動しています。

高度な医療

難治性胸水や腹水などに対し,胸/腹水濾過濃縮再静注法を取り入れております(一般病棟)

設備等

37床すべて個室