緩和医療科

本学の緩和ケアの歴史は古く、1987年には七栗サナトリウム(現七栗記念病院)に緩和ケア病棟(現20床)が設置され、1997年には大学病院としては全国で初めて緩和ケア病棟として認可されました。
2003年には全国初の外科・緩和医療学講座が開設され、2010年にがん診療連携拠点病院として承認されることになり、これを受けて2010年3月1日本院C棟7階に同講座としては二つ目の緩和ケア病棟(19床)が開設されました。また、2018年6月にはさらにC棟6階にも緩和ケア病棟(18床)が追加開設される予定です。合わせて37床の緩和ケア病棟を有することになり、より多くの皆様にご利用いただけることになります。
当講座では、8つの達成目標(八本柱)を掲げた緩和医療の新システムを考察・実施しています。
 
「緩和医療の八本柱」
 
①癒し環境の提供
②全人的医療の実践
③緩和ケアNST(栄養サポートチーム)の設立
④コミュニティの構築
⑤腫瘍学の導入
⑥自立型地域連携の創設
⑦情報共有と発信力の強化
⑧幸せな人生の提示(劇場型緩和ケアの開発)
 
この八本柱の実践を通して多くの患者さんやご家族の皆様の生活の質(QOL)の向上のほか、苦痛や苦悩のない生活期間や経口摂取期間の延長などを実現してきました。あらゆるがん治療の実践が可能な急性期病院であることをふまえてWHOの新しい緩和ケア概念であるがん治療早期からの緩和ケアの提供を可能にしたいと思っております。

スタッフ紹介

教授
  • 東口 髙志
准教授
  • 桂 長門
講師
  • 大原 寛之
  • 村井 美代
  • 川崎 俊
助教
  • 山下 通教

教授紹介

  • すべては患者さんのために!

    東口 髙志

    教授

    Takashi Higashiguchi

    東口 髙志

    専門・実績

    緩和医療学、代謝・栄養学、外科学を専門としています。
    緩和医療学では、2003年にわが国初の緩和医療学講座の教授に就任いたしました。代謝・栄養学を駆使した精神(こころ)にも身体(からだ)にも優しい緩和ケアの普及に取り組んでいます。日本静脈経腸栄養学会理事長、国際外科代謝栄養学会(IASMEN)理事長、日本緩和医療学会理事、日本栄養療法推進協議会理事、日本外科代謝栄養学会監事、日本外科学会代議員、日本死の臨床研究会世話人など多数歴任しています。また、日本静脈経腸栄養学会指導医、日本外科代謝栄養学会指導医ならびに日本緩和医療学会暫定指導医でもあります。

    アピールポイント

    緩和ケアチームと緩和ケア病棟が一体化して活動するとともに、代謝・栄養学を駆使した精神(こころ)にも身体(からだ)にも優しい緩和ケアを実践します。 “すべては患者さんのために”をスローガンとして最高の緩和ケアを提供すべくスタッフ全員が力を合わせて頑張りますので、よろしくお願いいたします。

緩和医療科 特設サイト

医局紹介をはじめ、研修、緩和医療科の一日などをご案内しています。

緩和医療科特設サイトはこちら

本科で診療実績のある主な疾患例

がん終末期に限らず、栄養サポート、疼痛ケア、緩和ケアを必要とされる患者さん。疼痛ケア、心のケア、緩和ケア全般。栄養サポートや地域連携による生活支援。
多くの患者さんやご家族の皆様の生活の質(QOL)の向上のほか、苦痛や苦悩のない生活期間や経口摂取期間の延長などを実現。あらゆるがん治療の実践が可能な急性期病院であることをふまえてWHOの新しい緩和ケア概念であるがん治療早期からの緩和ケアを提供。