放射線腫瘍科

病棟の場所 - 外来の場所 低侵襲画像診断・治療センター 地下1階
Webサイト 放射線腫瘍科Webサイト

診療内容

主な対象疾患

外部照射、高精度照射(定位照射SRS/SRT、強度変調照射IMRT/VMAT)

悪性腫瘍全般および良性腫瘍、小児腫瘍

脳、脊髄定位照射 (SRS/SRT)

脳腫瘍、単発および多発転移性脳腫瘍、転移性骨腫瘍、脊髄腫瘍

体幹部定位照射 (SBRT)

肺がん、転移性肺腫瘍、肝臓がん、前立腺がん、腎がん、各種オリゴ転移

前立腺がんシード(I-125)治療

前立腺がん

高線量率密封小線源治療(RALS)

子宮頸がん、膣がんなど

目標・基本理念・基本方針

目標

最先端放射線治療の実践、追求にて副作用の軽減と最大の治療効果に努めます。

基本理念

常に患者さんの立場にたった診療に徹します。

基本方針

最新治療法、照射法を導入開発し安全性をまず優先し、すべての患者さんに対しやさしい治療を心がけるとともに、副作用が少なく最も効果のある治療を追求します。

診療科の特色

最新鋭の高精度照射装置2台(ノバリス Tx、トゥルービーム)と、最新の治療計画システムにて最先端の高精度放射線治療(VMAT/IMRT、定位照射)に対応しています。密封小線源放射線治療は、高線量率小線源治療装置を保有して子宮頸がん中心に腔内照射、また前立腺がんに対し I-125シード治療も行っており日本放射線腫瘍学会(JASTRO)の認定A施設です。当院では放射線治療専門医、医学物理士、放射線治療専門技師、放射線治療専門看護師が専門で治療にあたり、きめ細かい治療を提供し患者さんには安心して最新の治療が受けられように常にしております。

得意とする治療・高度な医療・特徴的な医療

高精度放射線治療の積極的な実践により副作用も少なく手術と同等の治療成績も得られるようなってきています。緩和照射も高精度で対応しており積極的に実施しています。

強度変調照射/強度変調回転照射(IMRT/VMAT)

悪性腫瘍全般 

脳、脊髄定位照射 (SRS/SRT)

脳腫瘍、単発および多発転移性脳腫瘍、転移性骨腫瘍、脊髄腫瘍

体幹部定位照射 (SBRT)

肺がん、転移性肺腫瘍、肝臓がん、前立腺がん、腎がん、各種オリゴ転移

高線量率小線源治療装置を保有して子宮頸がん中心に腔内照射、また前立腺がんに対し I-125 シード治療も行っております。

診療実績(2021年度)

項 目 件 数
外部放射線治療件数 16,040
高精度放射線治療件数 4,273
定位放射線治療(脳・脊髄・肺)件数 112
VMAT(IMRT)治療件数 4,261
体幹定位照射(肺・肝臓)人数 47
前立腺 VMAT 治療人数 72
脳、頭頚部 VMAT 治療人数 80
子宮頸がん高線量率腔内照射人数 41
前立腺シード永久刺入件数 46
緩和照射 206