脳卒中科

病棟の場所 NCU、SCU、A棟7S病棟 外来の場所 A棟2階
Webサイト 脳卒中科Webサイト

診療内容

目標・基本理念・基本方針

目標
包括的脳卒中診療の実践・脳卒中の撲滅
基本理念
脳卒中で苦しむ患者さんに最高水準で最適な医療を提供する。
基本方針

  1. 常に研鑽し最新の知識と技術の習得に努め、安全で質の高い医療を提供します。
  2. 包括的脳卒中診療の実践と新しい診断・治療法の開発により、社会に貢献します。
  3. 脳卒中の専門家としての責任と使命を自覚し、人間性豊かな医療人を育成します。

診療科の特色

私ども脳卒中科の使命は、大学病院という特徴をいかした包括的脳卒中センター機能の構築です。脳神経外科、脳神経内科、救急総合内科、麻酔科、放射線科、リハビリテーション科などの関連診療科との連携、多職種間のチームワークを活かしながら、地域の医療機関と協力し、最良内科治療・脳血管外科手術・脳血管内治療の的確な組み合わせによる包括的脳卒中診療を提供し、脳卒中からの生還、脳卒中の撲滅を目指します。ITを駆使したTask Calc. Stroke(タスカル)と言う脳卒中院内連携システムを開発、臨床応用し、来院から急性期治療開始までの時間を国内最短で行うことを目指しています。外科的治療は、直達手術および血管内治療を、いずれも高いレベルで提供し、ハイブリッドな治療を実践しているのが大きな特徴で、急性期治療のみならず、全国から難症例の紹介をいただいています。3D multifusion imagingを用いたシミュレーションによる緻密な手術計画、頭蓋内外バイパスを併用した高難度脳動脈瘤手術、直逹手術と血管内治療を組み合わせることでそれぞれの利点を生かしたハイブリッド手術を提供するなど、疾患および個々の患者さんの状況に合わせたテーラーメイドな医療を実践しています。血管内治療は、時々刻々、進化を遂げています.難治性脳動脈瘤の治療に用いる新規フローダイバーターであるFREDをはじめ、PulseRider、WEBなど、施設限定、術者限定の最先端デバイスが導入され、愛知県のみならず,中部地区においても随一の症例実績を重ねています。

診療実績

2020年1月〜2020年12月の手術件数

外来患者延数 5,286人(一日平均:18人)
入院患者延数 989人(一日平均:34.3人)
脳動脈瘤の年間治療数 154件

脳梗塞に対する急性期血行再建:64件

得意とする治療・高度な医療・特徴的な医療

  • ICTを駆使した脳卒中急性期診療体制 Code Stroke Fujita
  • 最先端の新規デバイスを駆使した脳血管内治療
  • 脳動脈瘤・脳動静脈奇形・硬膜動静脈瘻に対する直達手術と脳血管内治療の的確な組み合わせによるハイブリッド手術
  • もやもや病に対する直接・間接血行再建を組み合わせた血行再建手術
  • 頚動脈狭窄症に対する頚動脈内膜剥離術と頚動脈ステント留置術の的確な応用
  • ステントリトリーバー、吸引デバイスを用いた最先端の急性期再開通療法
  • 脳梗塞の一次、二次予防における最適な抗血栓療法のプロトコール
  • 悪性腫瘍関連脳梗塞に対する診断と視聴
  • 若年性脳梗塞、稀な背景疾患に起因する脳梗塞に対する内科診断および治療
  • 循環器内科との連携による心原性脳塞栓症再発プロトコール