泌尿器科

病棟の場所 B棟4W病棟 外来の場所 A棟地下1階
Webサイト 泌尿器科Webサイト

診療内容

主な対象疾患

尿路性器悪性腫瘍(腎がん、膀胱がん、前立腺がん、等)、下部尿路障害(神経因性膀胱、前立腺肥大症など)、腎移植、尿路性器感染症、女性泌尿器疾患、小児泌尿器疾患など

目標・基本理念・基本方針

目標
  1. 個々の患者様の病態に応じたきめ細かく良質な医療を提供する。
  2. 在院期間の短縮をはかり、退院後の QOL を重視した医療を実践する。
  3. 患者さんから信頼され、患者さんのご家族やご友人にも勧めて頂ける診療科を目指す。
基本理念
特定機能病院としての先進かつ高度な医療だけでなく地域医療を含めた総合的な医療に尽力する。
基本方針
  1. 患者さんの立場に立った安全で最良の医療を実践する。
  2. 先端医療から末期医療まで、幅広い高度で良質な医療を提供する。
  3. 医師間やメティカルスタッフとの 連携を重視し、相互理解のもとに医療を行なう。
 

診療の特色

全ての腎泌尿器疾患の診療を行なっており、各領域のエキスパートが様々な専門領域をカバーしています。“先端医療から末期医療まで”をスローガンに、教室員が一丸となって“患者さんの立場に立った最良の医療の提供”を目標に日夜、診療に当たっております。
 

診療実績(2020年度)

腎移植術(献腎) 1件
ロボット支援前立腺全摘術(RARP) 154件
ロボット支援腎部分切除術(RAPN) 61件
ロボット支援膀胱全摘術 (RARC) 24件
ロボット支援腎摘出術 1件
ロボット支援腎尿管膀胱部分切除術 1件
腎摘除術(腹腔鏡) 21件
腎摘除術(開腹) 2件
腎尿管膀胱部分切除術(腹腔鏡) 18件
腎尿管膀胱部分切除術(開腹) 1件
膀胱部分切除術(腹腔鏡) 3件
膀胱部分切除術(開腹) 1件
腹腔鏡下腫瘍切除術 2件
移植腎尿管膀胱部分切除術 1件
膀胱全摘(開腹) 1件
仙骨膣断端固定術(腹腔鏡+ロボット支援) 18件
後腹膜腫瘍摘出術(開腹) 1件
膀胱膣瘻閉鎖術(ロボット支援) 1件
尿膜管摘出術(腹腔鏡) 3件
RPLND 3件
腎盂形成術(open +ロボット支援) 3件
VUR根治術 2件
人工尿道括約筋挿入術 4件
TUR-Bt 220件
TUC 10件
TUR-P 5件
HoLEP 34件
TUL(f-TUL 16件) 110件
PNL 4件
ESWL 30件
膀胱結石破砕術・異物除去術 11件
腎瘻造設術 20件
腎嚢胞穿刺術 3件
膀胱瘻造設術 5件
高位除睾術 13件
精巣摘出術(精巣外傷を含む) 3件
陰茎切断術(陰茎折衝を含む) 4件
停留精巣固定術 7件
精巣捻転解除術 1件
精索静脈瘤手術 2件
陰嚢水腫根治術 2件
包茎手術 6件
尿道下裂手術 8件
水圧拡張術(間質性膀胱炎) 4件
ボトックス注入療法 1件
デフラックス注入療法 1件
前立腺針生検 280件
TVM・TVT・TOT 9件
尿管鏡下生検 21件
腫瘍・腎生検 12件
内尿道切開・拡張術 15件
その他(尿管ステント交換、留置術を含む) 60件
前立腺小線源治療 60件
金マーカー挿入術(IMRT治療用) 12件

得意とする治療・高度な医療・特徴的な医療

最も大きな特徴として低侵襲な腹腔鏡およびロボット支援手術があります。ロボット支援手術は2009年の導入以来、前立腺癌、腎部分切除術、膀胱癌等を含めた症例数は総計約2000例と国内トップクラスであり、治療成績も卓越しています。
また、ロボット支援膀胱全摘除術では尿路変更は開腹する事無く、全て完全腔内(回腸導管、代用膀胱造設術)にて施行しています。女性骨盤臓器脱や腎盂形成術などの良性疾患に対する根治手術に付いても良好な治療成績を得ています。他にも、腎臓移植(生体腎および献腎)、経尿道レーザー前立腺核出術、尿路結石症手術、密封小線源療法、IMRT(トモセラピー)や放射線治療後の救済手術療法も施行可能で、様々な治療やニーズに対応する事が可能です。