責任者紹介(臨床研修センター)

責任者紹介

  • センター長

    吉川 哲史

    吉川 哲史

    責任者の挨拶

    毎年約30名近い初期研修医を受け入れ、彼ら自身が2年間の研修期間を経てたくましく育ち、次のステップに進んでゆく姿を頼もしく思っています。患者様に対し常に寄り添う気持ちを忘れず、どんな疾患にも適切な対応ができる医師を育成することで、当地区の地域医療に貢献してゆきたいと考えています。大学病院の職員のみならず、当地区の先生方、患者の皆様のご支援もいただきながら、より良い初期研修医育成に努めてゆきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
  • 副センター長

    西澤 春紀

    西澤 春紀

    責任者の挨拶

    初期研修は、医師としての第一歩であり、その研修環境の選択はその後の成長に重要であることは言うまでもありません。一方、近年の医学は,医療技術が急速に進歩し,医療の高度化や細分化が進んでいるため,新たな医療環境の整備が求められています。当大学病院は、先端医療の実践とともに社会や地域に根ざした中核病院として、良き研修医や臨床医の育成に取り組んでいますので、今後とも御支援・御協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
  • 副センター長

    林 宏樹

    林 宏樹

    責任者の挨拶

    医療と無関係でいられる方はこの世に一人も存在しません。つまり医療は極めて公共性が高く、医師には単に診療の能力だけではなく、高い倫理観が求められます。藤田医科大学病院臨床研修センターの一員である私自身が、自分の親兄弟を診てもらいたい、そんな風に思える志の高い医師を育成し、地域の皆様の健康に貢献してまいりたいと思います。
  • 副センター長

    島 さゆり

    島 さゆり

    責任者の挨拶

    2021年4月から副センター長を務めることとなりました。研修医の先生方が2年間、実りある研修ができるようサポートしていきたいと考えています。当院での研修は地域医療~救急医療~高度先進医療と幅広く対応できる医師の育成をめざしており、皆様のご支援・ご指導を頂きながら研修医育成に努めてまいりたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
  • 副センター長

    中島 陽一

    中島 陽一

    責任者の挨拶

    医師だけでなく、どのような職種であっても最初にどう教育を受け、学ぶかが今後の人生に大きな影響を与えます。我々はその責務を十分に肝に銘じ、地域の先生方や患者様のご支援を賜り、将来の日本の未来を守る幅広い視野を持つ医師の育成のため全力で取り組んでいきます。