総合消化器外科

病棟の場所 A棟5S病棟、A棟6N病棟、A棟6S病棟 外来の場所 B棟1階
Webサイト 総合消化器外科Webサイト

診療内容

主な対象疾患

【上部消化管】
悪性:食道がん、食道胃接合部がん、胃がん、十二指腸がん、消化管間葉系腫瘍(GIST) 等
良性:胃食道逆流症(GERD)、食道裂孔ヘルニア、食道憩室、食道アカラシア、肥満症、上腸間膜動脈(SMA)症候群 等
 
【下部消化管】
悪性:大腸がん(結腸がん、直腸がん)、肛門管がん、消化管悪性リンパ腫、消化管間葉系腫瘍(GIST)、カルチノイド等
良性:炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、大腸憩室、直腸脱、肛門疾患等
 
【肝胆膵】
悪性:肝細胞がん、転移性肝がん、肝内胆管がん、胆管がん、胆嚢がん、乳頭部がん、膵臓がん、膵嚢胞性疾患、神経内分泌腫瘍等
良性:肝血管腫、胆石、総胆管結石、膵良性腫瘍、脾腫(門脈圧亢進症)等
 
【腹部救急】
消化管穿孔、消化管出血、腸閉塞、非閉塞性腸管虚血(NOMI)、急性胆嚢炎、急性虫垂炎等
 
【その他】
鼠径ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア等

目標・基本理念・基本方針

【基本理念】外科医療の伝統と最新のテクノロジーの融合、根治性と機能温存・QOL 向上の両立

【目標】健康寿命の延伸

【基本方針】手術は、からだにメスを入れて病気を克服しようとする行為です。病気のことを考えていわゆる標準的な手術をやり遂げることは外科手術の基本ですし、時にはさらに取る範囲を広げて拡大手術が必要なこともあります。一方で、メスが入る範囲が大きくなればなるほどからだにかかる負担も大きくなり、その負担に体が耐えきれず、後遺症を残したりかえって命を縮めてしまったりする危険性もあります。病気のことだけを考えた場合にはどのような治療が必要なのか、からだのことを考えるとどれぐらいの規模の手術まで許容されるのかを、患者さん一人一人の病気とからだの状態に応じて熟慮し、生活や仕事、価値観等も踏まえて患者さんとよく相談したうえで、最適な治療方法を決定、実施することが重要です。そのためには、科学的根拠、最新のテクノロジーに基づく医療機器とそれらを活用する最高峰の手術手技、豊富な診断・治療経験が肝要です。私たちは、手術が必要な消化器外科領域のすべての病気を対象として、高度で安全な外科治療を実践します。最新のエビデンスに基づいた集学的治療を標準として根治性向上を追求するのは勿論のこと、個々の患者さんのニーズに応じて腹腔鏡下手術やロボット手術などの低侵襲手術を積極的に活用し、合併症が少なく機能温存に優れた手術を提供すべくスタッフ一同切磋琢磨しています。

診療科の特色

私たちは、小さな傷からカメラを使って手術を行う、腹腔鏡手術やロボット手術などの低侵襲手術を得意としています。特に、高い技術を要する進行がんに対する低侵襲手術に力を入れ、過去20年以上に渡って取り組んできた実績があります。また、本年4月からの新体制では、大学の総合力を活かした肝移植医療や、がんゲノム医療に根ざした新たな集学的治療も重点分野として鋭意取り組んでいます。

診療実績(2020年度)

  合計 ロボット 腹腔鏡 開腹
食道がん 23 23 - -
胃がん 133 119 11 3
胃空腸吻合 24 - 24 -
胃GIST 9 3 3 3
結腸がん 246 2 214 30
直腸がん 130 117 - 13
大腸・小腸良性 18 - - -
肝切除 117 18 49 50
小児生体肝移植 2 - - -
成人生体肝移植 1 - - -
膵頭十二指腸切除 35 14 1 20
膵体尾部切除 32 9 12 11
胆嚢摘出 146 - 141 5
(肝胆膵高難度手術) 117 32 26 59

得意とする治療・高度な医療・特徴的な医療

【低侵襲手術】
消化器外科領域すべてにおいて、腹腔鏡手術のみならずロボット手術を提供できる。
 
【肝移植】
非代償性肝硬変や急性肝不全に対して、生体肝移植を提示し、多職種連携チームによりその患者を救命する。
 
【高難度肝胆膵手術】
門脈、肝動脈、肝静脈、下大静脈の血行再建を必要とする悪性腫瘍に対して、集学的治療によりR0を企図した切除を施行する。
 
【機能温存手術】
直腸癌に対する集学的治療による根治性と肛門温存を目指した手術に取り組んでいる。
 
【腹部内臓疾患に対する緊急手術】
腹部内臓疾患に対する緊急手術は、救急内科と密接に連絡をとり、迅速に各臓器グループ横断的に対応している。