整形外科

病棟の場所 B棟6階 外来の場所 A棟1階
Webサイト 整形外科Webサイト

診療内容

主な対象疾患

腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、側弯症、後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、環軸椎亜脱臼、脊椎・脊髄腫瘍、変形性股関節症、特発性大腿骨頭壊死症、関節リウマチ、骨粗鬆症、大腿骨近位部骨折、変形性膝関節症、半月板損傷、膝靭帯損傷、外反母趾、変形性足関節症、外反母趾、肩腱板損傷、反復性肩関節脱臼、肩関節周囲炎、変形性肩関節症、変形性肘関節症、肘部管症候群、手根管症候群、橈骨遠位端骨折、四肢骨折、体幹四肢の骨・軟部腫瘍(良性、悪性)

目標・基本理念・基本方針

我々が取り扱う運動器は、自分の意志により体を自由に動かし、人間らしい生活をするために必要な体の器官(関節、骨、脊椎、筋肉、脊髄、末梢神経など)であり、我々の治療は、患者さんの生活の質に大きく関与します。整形外科が取り扱う疾患は幅広く、腰部脊柱管狭窄症、頚椎症性脊髄症、変形性関節症などの運動器変性疾患、骨粗鬆症などの代謝疾患、骨折や脱臼などの外傷、側弯症や先天性股関節脱臼などの小児疾患、その他にもスポーツ障害や骨軟部腫瘍なども含まれます。これらの運動器疾患に対して真摯に向き合い、一人一人の患者さんに最善の治療を提供できることを心がけます。他科や他業種との連携を深めて、循環器、呼吸器、消化器など、運動器以外の疾患を患っておられる患者さんにも安心して治療を受けられるように、術後はリハビリテーション医学と連携し、早期に社会復帰できることを目指します。熱意をもって患者さん中心の優しい医療を提供し、「病気に厳しく、患者さんに優しく」をモットーに、全員が責任感と熱意をもって、一致団結して患者さんの診療を行い、社会から信頼される整形外科チームを目指します。

診療の特色

整形外科疾患の手術件数は、脊椎・脊髄科や救急科と合わせると、年間3000件を超えており、国内でもトップレベルを誇ります。当科の特徴として、それぞれの分野にエクスパートを揃えており、すべてにおいてレベルの高い医療を提供し、難治性疾患に対しても積極的に治療を行っています。その中でも特に脊椎手術、人工関節手術、肩関節鏡下手術は毎年増加しており、高齢の患者さんにも安心して治療を受けていただいています。

診療実績(2020年度)

脊椎・脊髄外科を含む

項目 件数
腰椎椎弓形成術 228
腰椎後方椎体間固定術 114
頚椎椎弓形成術 87
頚椎前方固定術 30
腰椎椎間板ヘルニア摘出術 20
脊柱変形手術 46
腰椎前後方同時固定術 19
人工股関節置換術 246
人工股関節再置換術 26
人工膝関節置換術 159
膝・肩鏡視下手術 50
外反母趾手術 10
下肢骨折手術 72
神経剥離術 45
関節リウマチ 手関節形成術 16
上肢骨折手術 218
人工肘・肩関節置換術 8
骨軟部腫瘍手術 66

得意とする治療・高度な医療・特徴的な医療

脊椎疾患においては、脊椎・脊髄科と連携して、脊椎変性疾患に対する手術をはじめ、脊柱変形手術や前後方同時手術などの高度な医療を展開しています。変形性関節症に対しては人工関節置換術が積極的に行われており、股関節においては東海地域でもトップレベルの診療実績を誇っています。最近では、膝関節の手術支援ロボットも取り入れ、患者さんの術後満足度も向上しています。肩関節に対しては鏡視下手術が頻繁に行われるようになり、患者さんに優しい低侵襲治療も積極的に取り入れています。